DIYで自転車修理 後輪チューブの交換

生活を楽しむ道具

タイヤの空気が減ったのは何故?

気候が穏やかになったので、久々の自転車通勤 ♪

乗る前にタイヤをつまんでみると、後輪の空気がかなり少ない‥
数日前に乗ったときはそんなことなかったのに。
何か刺さったのならすぐにペシャンコになるはずだし、バルブは虫ゴムを使わないタイプに替えているし…

なんでかね?

職場までは6キロ、時間にして30分ほどです。
まあ往復くらいできるだろうと、空気を入れ足して家を出たのですが‥

道半ばのところで、ペダルが重くなり路面の凸凹も感じなくなりました。

あー 空気が抜けてるよー
ペシャンコになるのは時間の問題だ‥

汗だくでペダルを踏みましたが、1キロほど残して、ギブアップ。
甘い判断を反省しつつ、お荷物と化した自転車を押して行きました。

こんなパンクは初めて。
10数分かけて抜けてしまったのには、それなりのワケがありました。

後輪のチューブ交換は意外に簡単

チューブに問題がありそうな気がしたので、新品に替えることにしました。
原因が何かもわかるでしょう。

折りたたみ自転車は、こんなとき便利ですね。
車に積み込み、途中のホームセンターで20×1.75サイズのチューブを買って帰りました。

自転車用鋼管チューブ

判明したそれなりのワケとは‥

後輪の周りには変速ギアやディレーラー、スタンドなどが取り付けてあるので、修理は難しそうに見えますね。
でも、ナットを緩めて車軸をずらせばフレームから外せるので、チューブの取り替えは簡単にできます。

まずは車軸のナットを緩めて‥

後輪シャフトのロックナットを緩める

車軸をずらしたところ。

後輪をフレームから外したところ

チューブを取り出してリムを点検してみると、

車軸とフレームの隙間からチューブを抜き出す。

あー おそらくこれだ‥
リムテープがよじれてタイヤスポークをリムに固定するニップルが見えています。

自転車タイヤ リムテープの貼り付けミス

むき出しのニップルがチューブに当たり、擦れるうちにゴムが傷ついたのでしょう。
微細な傷が、走るうちにだんだん大きくなったということですね。

取り出したチューブに空気をいれ、リムテープがよじれていたあたりを水に浸けました。

予想通りに泡がブクブク‥

自転車チューブ 空気漏れ箇所の確認

これだけ漏れていると、数分で抜けてしまいますね。

DIYのあるある

以前、後輪タイヤをDIYで交換したのですが、チューブをタイヤの中に押し込んだときにリムテープがずれたのでしょう。

リムテープはリムの裏側に貼りついていて地味な存在です。
その時は、全く意識してませんでした。

知識も経験も少ないDIY修理のあるあるですね。

プロなら、今回、リムテープも新品に替えると思いますが、素人判断ではまだ使えそうに思えたので、よじれを戻して使うことにしました。

危険につながるわけではないし、再び不具合を起こしても、また楽しいDIYですから。

交換用自転車チューブ

新品のチューブ。

バルブステムをリムの穴に通して‥

自転車チューブ バルブステムをリムの穴に通す

チューブに少し空気を入れるために、バルブを取り付けます。
バルブは米式のパナレーサー エアチェックアダプターを使っています。

パナレーサー エアチェックアダプター

このバルブは、英式と違って空気圧の調整がしやすくなります。

チューブをタイヤに収めるときは、空気を少し入れると作業がしやすくなります。

チューブ交換後の空気充填

今回は、ぐるりと一周、中を見てリムテープの状態を確認しました。

ビードをリムにはめるときは、バルブの反対側からが入れるのがコツです。

そのワケも含めて、手順はこちらの前輪タイヤ交換の記事が参考になるでしょう。

これでチューブ交換は完了。

あともうひと手間、変速ギアの調整があります。

ペダルを回してシフトを確認すると、インジケーターの数字とギアのポジションがずれていました。
一度外したことで、車軸の位置が微妙に変わってしまったからでしょう。

以前、グリップシフトを交換した時の要領でシフトの調整をし、無事終了。

釘などによるパンクは何度か修理した経験がありますが、リムテープが原因だったのは初めて。
自転車修理のノウハウが1つ増えました。

RPGゲーム風にいうと、こんな感じかな?

ドラクエ吹き出し
タイトルとURLをコピーしました