電気のDIYするなら第二種電気工事士になろう①【費用と難易度】 

電工工具 電気工事士になろう
スポンサーリンク

思い立ったが吉日、独学でも大丈夫

動機は‥壁の照明スイッチを取り替えたい!

「こんなスイッチの交換くらい自分でやれそう・・・」    

壁の照明スイッチ(パナホーム マロースイッチ)

築20数年のわが家は、壁の照明スイッチもそれなりで、ホタルランプの光が消えかけていました。

ホームセンターに行くと、電材売り場には型番の違うスイッチがたくさんあって、どれが適合するのか、さっぱりわかりません。

ネットで調べてみても、まとまった情報はなかなか得られないもので‥。
書店に行って電気工事士資格試験の参考書を開いてみると、電材の種類や扱い方がよくまとめられています。

興味がわいて立ち読みしてみると‥

「照明スイッチなどの電気工事をするには、電気工事士の資格がないと違法‥‥」
電気工事士は、火災や感電事故が起きないよう電気工事の安全性を一定レベル以上に確保するために設けられた国家資格だそうな。

電気は身近なものですが、扱いを誤ると非常に危険。
スイッチの交換程度なら簡単そうに思っても、やはり「安全で確実」を担保するには、国家資格レベルの知識と技術が必要ということですね。

「無資格は違法だ」なんて言われるとちょっとビビりますし、資格の取り方を調べてみると、独学で資格を取った方のブログがたくさんありました。

やっぱり‥電気のDIYをするなら電気工事士になろう
思い立ったが吉日、独学で資格取得を目指すことにしました。

以下は、合格するまでの経験をまとめたものです。
ゴールまで様々な道筋があるでしょうが、一つのケースとして参考になれば幸いです。

少しだけやる気を出そう

とりあえず気になるハードルは、費用と試験の難易度ですよね。

費用の方は、あとで説明しますが、4~5万円は覚悟しましょう。

一方の試験の難易度については、「絶対大丈夫!」と言いたいところですが‥
何をするにも、一定程度の知識や器用さは要るものです。

工業高校で知識・技能を勉強した人なら、楽勝かもしれません。
でも、そうでない人の知識や器用さは人それぞれ、独学の難易度はみな違うはずです。

私は文科系の人間、電気とは縁のない事務仕事をしていますが、DIYをテーマにこんなブログを書いていますし、受験参考書を立ち読みしたときに、なんとなく手が届きそうに思えたくらいですから、「一定レベル」はあるのかもしれません。

大雑把な言い方ですが、「受験用の参考書をパラパラめくって拒絶反応がない人なら、少しやる気を出せば独学で取得できる」くらいの難易度でしょうか。

仕事で必要な方は言わずもがな、趣味としてDIYで電気工事をしてみようという方も、合格すれば、更新の必要がない一生ものの国家資格ですから、思い立ったが吉日、少しだけやる気を出してチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

ハードルをクリアしよう

第二種電気工事士資格取得へのハードル1 (費用)

まず、費用は4~5万円程必要と言いました。
私の場合は、「第二種電気工事士免状」を手にするまでの費用は52,000円程でした。

その内訳は‥

  • テキスト代(筆記試験対策用・技能試験対策用 計2冊)  4,100円
  • 技能試験練習用材料セット 23,000円
  • 電工工具セット 10,600円
  • 第二種電気工事士試験受験料 9,300円
  • 第二種電気工事士免状交付申請費用 5,200円

この中で絶対必要な費用は、受験料と免状交付手続きにかかる費用の合計14,500円。これは節約のしようもありません。
それ以外は、入手する手段があれば、節約することも可能な費用です。

この金額が安いか高いかは人それぞれでしょうが、資格があればお家の電気工事がDIYでできるので、ちょっとしたコンセントや照明の取り付け工事を業者に頼むことを思えば、すぐに元が取れてしまいます。
一生ものの資格ですから、人生の先まで役に立つでしょう。

そう考えれば、資格取得にかかる費用は、金額以上の価値がありますよね。

第二種電気工事士資格取得へのハードル2 (難易度)

試験の難易度は、やる気に大きく影響するでしょう。
入学試験のように、他人と競争するのなら努力が報われない場合もありますが、電気工事士の筆記試験の合格は「得点」で決まり、技能試験は「欠陥のない配線接続」なので、そこまでのレベルを目指すことになります。
一定レベルをクリアすれば必ず合格できるわけですから、努力のし甲斐があるというものです。

最初に受ける筆記試験は、四択の問題を50問中30問正答できれば合格です
難しい計算問題は少なく、器具の名称や使用方法のルールなど暗記力で対応できる問題が多くあります。
ですから難しい電気の理論はわからなくても、参考書と過去問を十分やって、暗記問題で点を稼げは大丈夫です。
努力のしどころといえば、そこでしょう。

技能試験の方は、13問の問題が予め公表されていて、その中から1問が出題されます。
専用工具で電線の加工や接続をしますが、普段、ペンチやドライバーで簡単な作業ができる人なら、そう難しく感じることはないでしょう。
「複線図」という配線図の読み書きは必要ですが、オーディオや録画機、テレビなどの接続を、取説を見ながら自分でできるくらいなら、およそ理解できるレベルのものです。

電気工事のルールに従い、40分という時間内に模擬回路を完成させる作業は、達成感を感じられて楽しくもありますよ ♪

合格率

試験の合格率を調べると、近年の結果は筆記試験が6割程度、筆記試験の合格者が受験できる技能試験は7割前後ですから、最終合格率は4割程度ということになります。

第二種電気工事士 筆記試験と技能試験の年度別合格率

最終的に合格率4割ということは、半分以上が不合格ですから、ハードルが高いように思われるかも知れませんね。
ただ、筆記試験の合格率「6割」については、暗記で対応できる問題が多いだけに、ちゃんと勉強して試験に臨めばいいのに‥と、思うのですが。
とにかく、参考書1冊の知識をしっかり頭に入れておけば受かります。

ところで、合格率の数字は技能試験のほうが筆記試験よりも高いので、技能試験の方がやさしいのかというと、むしろ逆です。

技能試験の方は、4択マークシートで試験時間に余裕のある筆記試験とは違い、出題された模擬回路を欠陥なく40分間で完成させなければなりません。
電気回路の理解と正確な作業が要求されますし、時間の余裕も少ないです。
欠陥があっても部分点で合格‥なんていうことはありません。即、不合格です。

合格率が良いのは、筆記試験をクリアした受験者が受けているので、技能試験対策もよくやっているのだと思います。
まずは筆記試験対策の勉強をしっかりやり、筆記試験の1~2週間前くらいから技能試験の練習に取りかかれば、大丈夫でしょう。

【第二種電気工事士試験の受験者数と合格率の推移】

スポンサーリンク

合格までの道のり

私が受験した上期の試験日は、筆記が 6月上旬、技能が 7月下旬でした。
合格までを時系列で振り返れば、およそ以下のとおりです。

平成30年1月

下調べ
電気のDIYをしたいと思い、第二種電気工事士のことを調べ始めたのは、年明け頃からでした。
思い立ったが吉日、一歩前へ踏み出すことが大切ですね。

資格の概要や取得までの流れ、試験日程、申し込み方法など詳しいことは一般財団法人電気技術者試験センターのホームページで確認できます。受験に必要な情報はほとんどわかるでしょう。 
【一般財団法人 電気技術者試験センター】  

2月

下旬 参考書購入
筆記試験用と技能試験用の2冊を購入。
「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格」
「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格 DVD付」

電気技術者試験センターのHPとこの2冊を参考にすれば、合格まで何をすればよいのか、大体メドが立つと思います。

4月

1日 上期試験の受験申込み
郵送よりも手数料が安く、手間もかからないので、ネットで受験申し込みをしました。
いよいよと思うと、モチベーションがぐっと上がりますね。
このころから本気で参考書を開くようになりました。

5月

上旬 技能試験練習材料と工具を購入
筆記試験が終わる前、早めに電材と工具の現物を手にすると、筆記試験の勉強にも力が入ります。
筆記試験の1週間ほど前から、現物を手に技能試験の練習も始めました。

6月

3日 筆記試験
(試験当日の会場の様子や雰囲気は、別の記事で紹介していますのでご覧ください。)

4日(試験の翌日) 問題と解答の公表
試験の翌日には、センターのHPに問題と解答が公表されます。
答え合わせをしたら、ほとんど正解だったので、マークシートの記入ミスさえなければ合格だと確信しました。
自信が持てると、後の技能試験の勉強にも身が入りますね。

7月

2日 合格発表
合否はセンターのHPで確認できます。
受験番号をフォームに入力すると、画面に「入力した受験番号は合格者一覧にあります」という表示のみ。
一覧表を想像していたので、ちょっとイメージ違いました。
数日後、郵送で合格通知と技能試験の受験票が送られてきました。

「合格」っていうのは、やはりうれしいものですね。

21日 技能試験
(試験当日の会場の様子や雰囲気は、別の記事で紹介していますのでご覧ください。)

試験の翌日 問題と解答の公表
筆記試験と違い、手元に何も残っていないので、確認できません。
ひと月後の合格発表までの間、「合格はしていると思うけど、なんかポカをしてなけりゃいいんだけど‥」といった生煮え状態に置かれます。

8月

20日 合格発表
待ちに待った日。期待を込めてセンターのHPに受験番号を入力したところ、「入力した受験番号は合格者一覧にあります」と表示されました。

「やったー♪」

数日後に郵送で合格通知書が送られてきました。
「書類」を手にすると嬉しさもひとしおですね。

9月

上旬 免状交付
免状の申請手続きは、各都道府県の商工行政部署のHPを見れば説明があります。
私の場合は、山口県庁の商政課というところに合格通知書・写真・手数料(県証紙)を添えて郵送で申し込み、およそ10日後に「第二種電気工事士免状」が交付されました。
こうして形に現れると、資格を手にした実感がわきますね。

第二種電気工事士免状の画像

以上が、第二種電気工事士の資格取得までの道のりです。
長いようですが、勉強した時間は、筆記試験が2か月程度、技能試験が1か月半程度、少し重複しているので、実質は3か月ほどでした。
これ位の期間だと、独学で挑戦してもモチベーションが保てるのではないでしょうか。

費用と難易度、免状を手にするまでの流れは以上のとおりです。

筆記試験と技能試験の受験対策のポイントは、こちらの記事を読んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました