DIYで自転車のタイヤ交換【古いけど ちょっと新鮮】

生活を楽しむ道具
スポンサーリンク

前触れもなくて、ただ唖然

天気が良いので、久々に、6㎞ほど離れた職場まで自転車で行きました。
夕方、帰ろうと駐輪場に行くと、前輪の空気が抜けてペシャンコ状態。

「パンクかな?」

とりあえず空気入れでシュコシュコしましたが、全く膨らむ様子もなく…
タイヤを点検してみると、トレッド部が数センチ裂けていて唖然としました。
朝、職場の駐輪場までは、なんの異常も感じなかったので不思議です。

これはもう、DIYでタイヤ交換しよう(若干のわくわく感を感じつつ…)。
翌日、帰りに愛車のレヴォーグ君の後ろに載せ、ホームセンターで同じサイズのタイヤとチューブを買って帰りました。

自転車はこれ。
10数年も乗っていて、後輪は一回交換していますが、前輪は最初のままです。

裂けた部分は、ひどい状態ですね。

ホームセンターで買った 20(インチ)×1.75(インチ)のタイヤとチューブ。
両方で、税込3,400円ほどでした。
あとでアマゾンで調べたら、タイヤは同じ製品で、チューブもついた前・後セットが3,000円ちょっと。慌てて買わなくてもよかったのに…残念、ネットはずいぶん安いですね。たまにこんなことあります

スポンサーリンク

やっぱり、コツ > チカラワザ

使用する工具は、モンキーとプライヤーと、あとタイヤレバーがあれば十分です。
タイヤレバーは、確か100均で買ったもの。

両側のナットを緩めれば、簡単にタイヤが外せます。
あとの作業も楽になるし、前輪はホント、簡単ですね。

タイヤがリムに接する部分は、ビードという堅い輪になっています。バルブの辺りからレバーを差し込んで、リムに沿って片側をぐるりと外していきます。

バルブをリムの穴から抜いて、チューブを引っ張り出します。空気の入ってないチューブは、しおれて情けない感じですね。

リムからビード外すのは、手でも簡単。

裂けたところの内部の状態と、破れたチューブ。

リムには、中央の溝の部分に、黒いゴムの リムテープが貼ってあります。
これはワイヤースポークの端の部分でチューブが傷つかないよう、保護する役目をしているので、剥がれがないか良く点検しておきます。

新品のタイヤって、ゴムに弾力がありますね。触ってみると、古いタイヤとの違いが歴然です。見た目は変わらないようでも、10数年経ったタイヤのゴムは、相当劣化して固くなっているんですね。トレッドが裂けたのは、おそらくそのせいでしょう。

まず、新品タイヤの片側をリムにはめます。片側は簡単に入ります。

片側をはめたら、新しいチューブのバルブ部分をリムの穴に通します。

バルブにプランジャーとバルブナットをセットして、空気を入れられるようにします。

チューブに少しだけ空気を入れると、リムとタイヤの隙間に押し込み易くなります。

最後にもう片方のビードをリムにはめま込みすが、まず、バルブとは反対側の位置からはめていきます。
はめたところのビードが、リムの中央の溝部分に入り込むようにすると反対側のバルブ側の方では、ビードがリムに対して僅かに張り具合に余裕ができるので、その状態を保ったままビードをはめていくと、最後のバルブ側の部分も手の力ではめられるようになります。
コツがわからなくてチカラワザでやると、なかなか苦労しますよ。

仕上げに空気を入れます。
エアポンプをシュコシュコしながら、「自転車の正しい空気圧ってどれくらいなんだろう‥」
なんて考えてしまいました。

元のようにフレームに取り付けて、完成です。

古い自転車ですが、これからは、乗るときちょっとだけ新鮮な気分。

楽しかったな DIY、 次は何をしようか…

タイトルとURLをコピーしました