DIYで腕時計の電池交換

自分で腕時計の電池交換をするイメージ画像 生活を楽しむ道具

今、何時かな?
ふと腕時計に目をやると、針が動いていません。
あー 電池切れ‥

お店で電池交換してもらうと、費用が掛かりそう。
チープな腕時計はメンテも気楽、DIYで電池交換してみました。

スポンサーリンク

10年電池の腕時計

もう20年以上前に購入したカシオの腕時計 BESIDE BES-103
確か、2000円くらいで買ったような‥

カシオ腕時計 BESIDE BES-103の画像

100M防水で、10年間は電池交換なしで動くのが売り。
壊れても惜しくない価格ですから、どこにでも気軽に着けていけます。

うたい文句どおり、使い続けて10年が過ぎた頃、最初の電池切れとなりました。
カシオさん、さすがですね。

カシオ腕時計のラインナップで、低価格帯のスタンダードシリーズは、今ではチープカシオ、チプカシなどとと呼ばれて大人気です。
デザインがおしゃれで品質が高く、芸能人や有名人にも愛用者が多いそうです。

このBESIDEはチプカシよりももっと前の製品で、早や20年が経ち、2度目の電池切れとなりました。
電池さえあればまだまだ、次の10年目指して、蘇ってもらいます。

スポンサーリンク

腕時計用の専用工具

腕時計の電池交換費用は、販売店でやってもらうと1000円~1500円です。
安価な腕時計だけに、相対的に高く感じますね。

ケースの裏ブタさえ開けることができれば割と簡単な作業なので、最初の電池切れの時にDIYするための工具を購入しました。

腕時計メンテナンス用工具セット


3点支持オープナーと固定台、こじ開け、バンド固定台、ピン抜き棒などがセットになっています。

腕時計用の工具の値段は、ピンからキリまでありますが、これは激安品。
確か1500円くらい。
品質は価格なりで、無いよりマシかな‥という程度です。

加工精度や仕上処理が雑なので、手が滑って高級腕時計を傷つけたら大変‥

と思ったら、
心配ご無用、わが家には高級腕時計なんて無かったのでした。

滅多に使わないものですし、1,2回使えば元がとれる激安工具で十分なんです。

スポンサーリンク

交換作業の実際

まず、時計の裏ブタを開けないといけません。

腕時計の裏ブタを外すときに邪魔になるベルト。

邪魔になる時計バンドは、長さ調整部分のバネ棒を外し、平たく伸ばします。

ばね棒を抜いてベルトを切り離す。

この時計の裏蓋はねじ込み式、スクリューバック式ともいいます。
専用工具を、刻んである溝に引っかけて回し、緩めるタイプです。

スクリューバック式の裏ブタ。

これが使用する工具、3点支持オープナー固定台です。

スクリューバック式の裏ブタを外すときに必要な3点支持オープナーと固定台。

3点支持オープナーは、調節ネジを回してツメを動かせば、様々な大きさの蓋に対応できるようになっています。

3‥支持オープナーの調整箇所。

時計の本体の方は、固定台に載せ、ネジを締めて固定します。

3点支持オープナーを使用するときの状態。

専用工具があると、こんな風に簡単に裏蓋を回すことができますね。

3点支持オープナーで裏ブタを回転させるところ。

裏蓋を外したところ。

前回交換したとき、電池に日付を記しておきました。
「2013年1月24日」
今は2023年11月ですから、10年以上経っています。

カシオ腕時計 BESIDE BES-103の裏ブタを外したところ。

電池は、酸化銀電池 CR2016
10年間動かすだけに、腕時計にしては大きな電池です。

100均で買えばお得ですね。

ちょっと気になるのは、使用推奨期限が2028年3月
電池は10年も保証されていませんが、前回もそうでしたし、たぶん大丈夫なんでしょう。

交換用の酸化銀電池CR-2016。

今回も電池に日付を記しておきました。

あと、パッキン(⇨のところ)も交換すれば防水性も完璧なんでしょうが、今回はヘタった感じでもなかったのでそのまま使用しました。
サイズが確認できれば、交換用のパッキンはネットで手に入ります。

電池交換を完了したカシオBESIDE BES-103と使った工具類。

これで、電池交換完了

また10年、時を刻み続けてくれることでしょう‥♪