DIYで石膏ボードに壁掛けテレビ【えらいぞ !? ホッチキス】

楽しい日曜大工
スポンサーリンク

65インチテレビの落ち着くところ

息子夫婦のマイホームの居間には大きなテレビがあります。
65インチ
近寄りすぎると、大きいので目がキョロキョロしてしまう‥

あれっ、テレビの足元をみると、台から落ちそうになっています。

ヒッチコック映画のぶら下がりシーンのときは、
「テレビごと落ちそうー!」って
不安が倍増していいんじゃない‥?

なんてことはありませんよ、落ちたら大変。

さすがに本人も気になって、流行りの壁掛けテレビにしようか、なんて悩んでいたようです。

テレビを壁に掛けるメリットは‥

  • 見た目すっきりで、オシャレな感じ
  • 生活スタイルに合った高さを選べる
  • 台に載せないので、省スペースかつ掃除もラク
  • 地震のとき倒れる心配がない
  • つかまり立ちの子どもがいても安心

デメリットは、

  • 取付穴を開けるので、壁が傷つく
  • 配線を隠さないと、オシャレが台なし
  • 業者に頼むと4万円前後の設置費用が要る
  • テレビの位置が変えられない

そして結論は、「やっぱ、壁掛けテレビがスマートでいいと思う。
金具の種類や取付方法を調べて、DIYでやればデメリットは克服できそうです。

スポンサーリンク

TVセッター 壁美人

壁を傷つけないびっくりアイデア

家は賃貸ではないけれど、新築なので壁を傷つけるのはためらいます。
そして壁は石膏ボード、どうやって重いテレビを掛けたらいいのだろう?

石膏ボードはこんなとき、とてもやっかいな代物。
硬いもので突いたら、崩れて粉になります。
釘や木ネジを使うなら「豆腐に鎹(かすがい)、糠にくぎ‥」さらに「のれんに腕押し、馬耳東風?‥」くらいの難物です。
取り付け用のパーツを自作しようにも、思いつきませんね。

壁ウラの間柱を探してみましたが、位置が離れていて使えません。

いろいろ調べた挙句、「TVセッター壁美人」という、DIY用品を見つけたようです。
なんと、テレビやモニターをホッチキスで石膏ボードに止めるという びっくりアイデア!

もちろん、テレビを直接ホッチキスで止めるのではありませんよ。
テレビを壁掛けするためのベース金具を、石膏クギでなくてホッチキスの針で止めようというのです。

ベース金具の取り付け方

これが「TVセッター壁美人」の姿。

オカラのようにボソボソ崩れる石膏ボードに止める方法なんて、一見したところで想像できません。
想像を超えたアイデアなので、取説をよく読んで取り掛かろう‥

ひととおり読んでみると、その仕組みは‥
たくさん穴の開いたベース金具を壁に当て、穴にピッタリはまる形状のポリカーボネート製フィルムをはめ込んで、フィルム部分をホッチキスの針で止めるようになっています。

65インチテレビに適合するのはLサイズ。
こんなペラペラなフィルムで大丈夫なのかな?

ポリカーボネートという素材は、衝撃に強く割れにくいので、特殊部隊の透明な盾やヘルメットの防弾バイザーに使われたりしています。
きっと大丈夫なんでしょう。

Lサイズの許容重量は25㎏までOKらしい。うちのテレビは19kgなので余裕でクリア。

ベース金具には360個の四角い窓が打ち抜いてあります。
これにフィルムをはめ込んで、ホッチキスで1か所あたり2針打ち込みます。

そうすると、360×2=720、720本のホッチキス針で19㎏のテレビを支えることになります。
単純計算だと、石膏ボードの壁に刺さった1本のホッチキスの針が、26.4gの重量を支えるわけで、なるほど、これ位なら余裕で耐えられるということでしょうね。

と、アイデアに感心したものの、「数で勝負」というのは、それだけ手間がかかるということ‥
720回、ひたすらホッチキスを打ち続けることに。

取り付けたときの姿はこんな感じ。
がっちりしていて、落下の心配はなさそう。

賃貸住宅だったら、いずれベース金具を取り外すことになると思いますが、ホッチキスの針跡はほとんど目立たないので安心ですね。
これは「壁美人」の大きな特長でしょう。

ところで、テレビですから水平に取り付けないといけません。
いかにだらけた姿勢で観ようとも、テレビ側は真っすぐでないと気持ち悪いですよね。

なので、金具を取り付けるときには、水平になるよう気をつけました。
気休め程度の気泡式の水準器が付いていますが、位置決めするときは、メジャーで金具の左右の高さを正確に測ると良いでしょう。

テレビ側にはブラケット

先にベース金具の取り付け方を紹介したので、実際の作業順とは逆だったのですが、最初の作業としては、テレビ側に壁美人のブラケットを取り付けます。
テレビの裏には、取り付け用のねじ穴が4カ所あるので利用します。

壁に掛けるときは、ブラケットをベース金具の上側のレール部分に引っかけ、下側のレール内に安全ボルトを締め込んで固定するようになっています。
テレビの上下方向の角度は、横に付いているノブ緩めれば変えられます。

ベース金具を壁に取り付ける前に、位置を決めないといけません。
まず、ベース金具とブラケットをセットした状態にします。

この状態のまま2人掛かりでテレビを抱え、壁に当てて取り付ける高さや横位置をよく検討し、決めたらベース金具の位置に印をつけておきます。

因みに、テレビの真上から見るとこんな感じ。

ブラケットもベース金具も、すべて取り付け作業が終わったし‥

じゃーん、壁掛けテレビ。

なんだ、以前と変わらないじゃないか。

いいえ、足がありませんよ‥
これから、アンテナ線やコンセントの周りのコード類もスッキリ整理するつもり。

(その後、こうやってスッキリ整理しました ↓ )

ところで、一連の作業の途中、定番グッズの定番たるところがわかりました。

スポンサーリンク

意外に重要だったホッチキスと針

ホッチキスのスタンダード“MAX”

壁美人の取説では、ホッチキスの定番、マックスHD-10Dを推奨しています。

同じようなものだからと、100均のホッチキスで作業を始めたところ、ポリカのフィルムに負けました。

左はマックスHD-10D、右は100均のホッチキス

針を打つときは、ホッチキスを開いて建築用タッカーのように使うのですが、えいっと気合いを入れ打ち込んでも、3回に1回くらいは針が曲がって刺さりません。

ホッチキスが悪いのか‥
気持ちが削がれるし、途中で針が足りなくなるかも‥

マックスHD-10Dを買いに走りました。

ホッチキスを替えたら、バチッ バチッと気持ちよく刺さって快調、快調。
ホッチキスといえばマックス、さすがですね。

ステンレス針

ポリカフィルムを止める針は、壁美人のステンレス針を使用します。

普通の針は軟鉄なので、長い間に錆びて折れやすくなったり、用紙にサビが染みつくのを誰しも経験しているでしょう。
いったん取り付けたら、テレビの裏側で何年も耐えてもらわないといけないので、強くて錆びないステンレス製の針は必須なんでしょうね。

以上、びっくりアイデアに感心しながら、壁掛けテレビの設置は完了!
果たして耐久性やいかに‥

あとは720本の踏ん張りに期待するとしよう。

タイトルとURLをコピーしました