【DIYで電気工事】壁掛けテレビで美しいリビング

お家で電気工事
スポンサーリンク

問題は 隠ぺいするべし

少し前に65インチの大型テレビをDIYで壁掛けにしました。
(そのときのDIYはこちらの記事です。↓ )

取付金具の「TVセッター壁美人」は、ホッチキスの針で留めるというユニークなものですが、しっかり石膏ボードに固定されていて、これまで不安はありません。

先日、ちゃんとしたローボードを置いて見た目が良くなったのですが、せっかくなのにコード類が問題です。

部屋の主の依頼で、この「問題」は早々に隠ぺいすることに。

問題を隠ぺいなんて、なんだか怪しげ‥

いえ、怪しくなんかありません。電気工事では、壁裏などの見えない配線のことを普通に「隠ぺい配線」といいます。

ということで、邪魔なコード類は全て壁裏に隠ぺいです。

既設の電源コンセントとTVコンセントは、ローボードの後ろ、壁の低い位置にあります。

そこから真上に配線を伸ばして、テレビの後ろの位置に電源コンセントとTVコンセントを増設します。
テレビにはスピーカー用のHDMIとネットテレビ用のLANケーブルも接続しているので、テレビ裏のコンセントプレートには、それらの引き出し口も設けることにしました。

ホームセンターで必要な材料をそろえたら、全部で2千円くらい。
費用の半分はテレビコンセントです。

スポンサーリンク

後には引けない新築の壁

さて、工事に取り掛かります。
既設のコンセントプレートを外すと、中はこんな風に。

電源ケーブルとアンテナケーブル、黒く巻いてあるのは通線用に使った針金?
白っぽい線は光ケーブルです。
光ケーブルは小さなアールに曲げると折れるので、こんなに狭い場所に再度収めるときは注意が必要です。ちょっと厄介な感じ。

今回のように、リフォームする工事では予め内部の様子がわからないので、開いてみたら予想と違っていて慌てるということがよくあります。
今回は光ケーブルが同じ金属のボックスに収められていたので、実のところ「ちょっとやりにくいなー」でした。

まずは、作業しやすくするために壁の一部を拡げました。

手持ちのアンテナ線の分配器があったので、下のTVコンセントは活かしたまま上の方に分配します。

テレビ裏の壁に穴を開けるので、センサーで壁裏の柱や電線を調べます。
既設コンセントの真上なので、間柱はありませんが、ケーブル類が天井側から下がっているはずです。

いよいよテレビの後ろの壁に穴を開けます。
新築住宅なので、万が一計画どおりに事が運ばなかったら‥
後には引けないので、ちょっと心配。

位置を決めて、2連枠用のタテ 95mm ✖ ヨコ 97mmにボードを切り取ります。
切り粉の養生は、いつものビニール袋で。

アンテナケーブルと電源ケーブル。オレンジのCD管には光ケーブルが通っています。

電源ケーブルは、そばの間柱に固定されていて穴から引き出せないので、下のコンセントの送り端子から上のコンセントにつなぐことにしました。

上側のコンセントに接続。

下のコンセントを元の状態に戻しました。
新たにHDMIとLANのフラットケーブルを引き込んでいます。
上に写っているのは、石膏ボードの切り粉が溜まったビニール袋。

真上に設置したコンセントと、引き出したHDMIとLANのフラットケーブル。

おおー できた‥

配線隠して壁掛けテレビの本領発揮。

部屋の主、大満足
すっきり美しいリビングになりました。

タイトルとURLをコピーしました