DIYで換気扇のファンモーター交換

「DIYで換気扇のファンモーター交換」のアイキャッチ画像 生活を楽しむ道具

スケルトンに加工したタイトル画像、ちょっとヘンな見え方ですけど‥
パナホームのトイレ用照明一体型換気扇「あかりファン」です。

数年前からファンの回転音が大きくなっていて、注意深く聞くと、ゴロゴロ感の混じった音です。
ベアリングの傷みと思われるので、DIYでファンモーターを交換修理してみました。

スポンサーリンク

便利な「あかりファン」

あかりと換気が全自動

わが家のパナホームは築28年。
1階と2階のトイレには、「あかりファン」という照明・換気扇一体型の器具が取り付けてあります。

ドアのラッチ受けに内蔵された「アクトスイッチ」で、ドアがあくと点灯、ファンも回るという仕掛けになっています。
スイッチの名前まんまですね。

あかりは数秒間かけてじわーっと明るくなり、夜中の寝ぼけ眼でもまぶしくありません。
また、点灯時に調光するため、中のクリプトン電球は滅多に切れません。

退出する際も自動消灯ですが、ファンの方は、退室後の10分間、遅延タイマーで換気を続けます。

ことほどさように便利な「あかりファン」なんですが‥

難を言えば、たまによその家でトイレに入ったときに、暗くて一瞬焦ったり、出る際にも切り忘れたりします。

生活が便利になるほどに、人はダメになってしまうかも‥

メーカー専用設備の泣きどころ

もう30年近く故障のないあかりファンですが、普段、あまり使っていない2階のファンがグオーンという大きな異音を発するようになりました。
圧倒的に使用頻度が多い1階トイレのファンの方は、変わらず静かに回転しています‥

あまり使用しないのが逆によくないのでしょう。
機械は適度に使わないと、かえって傷みが早いですから。

交換用にあかりファンの後継品をネットで探してみたのですが、これといった情報がありません。
下の画像にあるMSL06175というのが最後の機種みたいですが‥

少ない情報の一つに、「あかりファン」はパナソニックホームズ(旧パナホーム)の専用設備で一般には入手が難しく、交換を依頼すると6~7万円、というのがありました。

後継品に替えられたとしても、なかなか侮れない値段というか、
トイレの照明と換気扇に7万円とはキビシイ‥

パナホーム専用設備なので、機能やデザインの一体性は申し分ないのですが、いざ故障すると費用が高額になるのが泣きどころですね。

DIYを標榜する身としては、
ファンモーターさえ交換できればいいんですけど‥

スポンサーリンク

「あかりファン」のファンモーター交換

見つけたのはオムロン製モーター

あかりファンのカバーを外したところ。

使用されているのは12cm角、25mm厚の ACモーターです。

ネットで探してみたところ同等品がありました。
外形が同サイズの、オムロン R87F-A1A13LP

OMRON AC軸流ファンR87F-A1A13LP
OMRON(オムロン) AC軸流ファン R87F/R87Tタイプ R87F-A1A13LP
オムロン(Omron)
¥2,955(2024/06/12 00:25時点)

消費電力(60Hz)は元の10Wより少し大きい12Wで、低回転型となっています。
リード線がないタイプなので、アマゾンでコネクタ付きコード(R87F-PC-20)も一緒に購入しました。

プラグコードR87F-PC-20
OMRON(オムロン) AC軸流ファン R87F/R87Tタイプ R87F-PC
オムロン(Omron)
¥465(2024/06/12 00:25時点)

価格は合わせて約 3,500円。
これで修理できたら、随分安上がりですね。

ファンモーターの交換作業

交換作業は簡単ですが、屋内配線との接続を伴うので電気工事士の資格が必要です。

まずは、はめ込み式のカバーを取ります。

カバーには上側に3か所と下側に2か所の凹があり、本体側の凸にはまっています。

上側中央の凸凹は引いても外れない造りなので、側面を両側から押して、カバー下部をたわませるようにしながら手前に引いて外しました。

本体を取り外す前に、まずはブレーカーを切っておきます。

ターミナルにあるケーブルの赤白線を外し、本体は6か所のビスを抜いて取り外します。

壁の穴から突き出ているのは、台風の時などに風雨を遮断するダンパーの取っ手です。

取り外したあかりファンの本体とカバー。

本体とカバーの凸凹部分。

端子台の上側にある基板は、換気扇の遅延回路でしょう

矢印のところに、換気扇の動作切り替えスイッチがあります。
通常の動作は入室と同時に換気しますが、寒い季節には、このスイッチで換気開始を退室後に変えることができます。

左が新しいモーター。
旧モーターの方は、コードにコネクタが付いています。

新しいモーターにコードのプラグを挿し‥

コードは適当な長さにカット、旧モーターに付いていたコネクタをハンダ付けしました。
ACファンなので極性はありません。

コネクタを挿して本体に取り付け。
コードがUターンしているのは、コネクタの向きの関係でやむなくです。

元の場所に戻して、完成!

新しいモーターは軽快な音で、嘘のように静かになりました。
こんなふうに修理すると愛着が湧きますね。
年数を経た電子回路がいつまでもつかわかりませんが‥
壊れるまで大事に使わなくては。