DIYでテレビドアホン【インターホンじゃないよ】

お家で電気工事
スポンサーリンク

今どきはテレビドアホン

平成6年に建てたパナホームの居間に取り付けてある「パナホームインターホンセット」。

インターホン親機(パナホームインターホンセット)

なんか時代を感じますね。

インターホン親機2(パナホームインターホンセット)

玄関脇の子機。樹脂ケースの表面がかなり劣化しています。

インターホン玄関子機(パナホームインターホンセット)

門の子機。
防犯意識の高まりとともに、門を開けて玄関先まで入って来るお客さんが減ったので、こちらがよく使われます。

インターホン子機(パナホームインターホンセット)

古くなって、時々ピンポーンが鳴らなかったり応答の声が聞こえにくかったりで、宅配のお兄さんにも迷惑かけるようになりました。

「もー、なんとかしてよ!」

奥さんからのプレッシャーも日増しに強くなり、ついに交換することにしました。

さて、どんなのにしようか‥
20数年前ならインターホンですが、今どきはテレビドアホンですね。

パナソニックの製品を調べてみたら、ラインナップはピンキリ、ネットでの価格も1万円から8万円程度まであります。
機能的には、単純に来訪者の姿を確認できるだけのシンプルなものから、監視カメラや電気錠と連携させてスマホでコントロールできるハイグレードなものまで。
どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

でも、わが家で必須の条件は、
①玄関用と門用に子機2台が接続できること、②電源は直結方式。
あと、あったらいいな‥は、ワイヤレスモニターとなるべく大きい画面。
2階にいてもワイヤレスモニターがあれば、あわてて階段を駆け下りずにすみます。

ということで選んだのが、パナソニックの 家じゅう「どこでもドアホン」 VL-SWD303KL。

テレビドアホン
パナソニック 家じゅう「どこでもドアホン」 VL-SWD303KL。
パナソニックのカタログから

特長は、

  • 画面は3.5インチ。
  • 子機カメラは170度の広角レンズ。
  • モニター側でズームやパンができる。
  • ワイヤレスモニターが付属、コードレス電話機の増設子機にもなる。

画面は5インチが欲しかったのですが、値段もかなり高くなるので、コストパフォーマンスの良さで選びました。

購入した、パナソニック 家じゅう「どこでもドアホン」 VL-SWD303KL。

パナソニック 家じゅう「どこでもドアホン」 VL-SWD303KL。
スポンサーリンク

別売の玄関子機にびっくり‥

機種選びはうまくいきましたが、問題は玄関子機2台
複数の子機が接続できる機種であっても、子機は1台しかセットされていません。
子機単体は、別売で数種類ラインナップされています。

数千円の追加は覚悟したのですが‥
なんと通販サイトでも、機種によって1万5千円から2万円程します。

思ったより高価で、なんだか、もやもや感がありますね。

ネットオークションなら安く手に入るだろうか‥
残念ながら、同じことを考えている人は多いようで、中古品でも落札額に魅力はありません。

ならばセット品の方がお得ではないか‥‥VL-SWD303KLの子機よりもひとつ下のグレードの子機でよければ、VL-SE30XLというセット品が1万円ちょっとで購入できます。

子機単体で買うよりセットの方が安いなんて、よくある話ではありますが、釈然としませんよね。
仕方なく、子機を手に入れるためにもう1台テレビドアホンVL-SE30XLを購入することにしました。
親機の方は無駄になってしまいますが、捨てるのは惜しい‥‥メルカリやネットオークションには新品未使用の親機がいくつも出品されていますが、こんな事情も関係しているんでしょうね。

テレビドアホン VL-SE30XL
パナソニックのカタログから

付属の子機(VL-V522L-S)は、標準品ということで、広角レンズではありませんが、LEDライトが付いていて、夜でもカラーで確認でき、機能は十分です。

これが購入したテレビドアホンVL-SE30XL。この玄関子機だけが欲しいんですけど‥

テレビドアホン VL-SE30XL

これで必要な機材が揃ったので、工事に取り掛かるとしよう。

タイトルとURLをコピーしました