DIYで変身 ひもが切れたオルゴール

3Dプリンターを使ってみよう
スポンサーリンク

ジムノペディと虹の彼方に

知り合いの幼稚園の先生からヘルプがきました。
使えなくなったオルゴールを、また聴けるようにして欲しいとのこと。

園舎の玄関内壁に取り付けてあったひも引きオルゴールです。

3個あって、園児の手が届くところにあった2つは、紐が切れて巻けなくなっていました。

園児の手にかかれば、無理もないですね。
大人でも引き加減は難しいですから。

傷んだひも引きオルゴールは、壁のリフォームとともにお役御免となったのですが‥

ぜんまいを巻けばまだ音の出るのが2つ。

耳をすますと、 
 ♪ ジムノペディ ♬‥
 ♬ 虹の彼方に ♪‥

スポンサーリンク

100均のコレクションケース

先生は、「良く聞こえてオルゴールの動きも見えるといいんですけど…」と。

イメージするのは、透明ケースの中にオルゴール?

ダイソーに行って、プラ製の「コレクションケース」を見つけました。
カバーが透明なので、オルゴールのメカニカルな動きが良く見えるでしょう。

イメージぴったり、二つ購入しました。

スポンサーリンク

足りないパーツは3Dプリンターで

単体のオルゴールは、耳を澄まさないと音が聞こえませんが、コレクションケースの台の上に置くだけでも、共鳴して、格段に音量が大きくなります。

ところが、せっかく台座が共鳴しても、透明カバーで覆うと効果が半減。

ケースを机から少し浮かせれば、音が底面から広がって大きく聞こえるので、台座に「足」を付けることにします。

あと、ゼンマイを巻くツマミも必要ですね。

こんなとき、3Dプリンターはホントに便利。
あまりスキルがなくても、簡単なパーツならすぐに作れてしまいます。

逆に言うと、これがなかったら引き受けていなかったでしょう‥

まずは モデリング。
Fusion360でツマミと足を描いてみました。

コレクションケースの台座の裏は、成形上のリブが出っ張っていて、それをよけて少し複雑な形状になりました。

3Dプリンターでプリント。
フィラメントは丈夫なPETGです。

ツマミは特に問題なし。
足の方は、ゼンマイを巻くとき邪魔にならないよう、短め、かつ外に向かってテーパー状にしています。

以上で必要な材料がそろいました。
さあ、楽しい組み立て。

スポンサーリンク

ケースを加工して組み立てよう

台座の加工は、ねじ穴とゼンマイの軸の穴あけです。

表面を養生テープで保護しておいて‥
穴の位置は、型紙を使って正確に。

オルゴールをねじで固定したらあとは簡単。

足は台座の裏面に接着剤で貼り付けます。

ツマミの穴は、軸のサイズきっちり。
モデリングの際、さじ加減で軸穴よりもプラス0.2mm大きくしたら、固すぎず緩すぎずに仕上がりました。

透明カバーを接着剤で固定して、完成。

「ジムノペディ」と「虹の彼方に」がきれいな音で聞こえます。

曲名プレートは小さ過ぎてきれいにプリントできなかったなー

先生、できたよー

とても喜んでくれました。

オルゴールが変身して、園児たちにも馴染みの曲が新鮮に聞こえるといいんですけどね…

  

3Dプリンターって、やってみると意外にハードル低いですよ。
奥が深くてきりがありませんが、初歩は初歩なりに、という感じで使えますので。
始めたきっかけはこんな感じでした ↓↓

タイトルとURLをコピーしました