DIYの丸鋸ガイドでイレクターパイプをらくらくカット

自作の丸ノコガイドでイレクターパイプをカットする画像 3Dプリンターを使ってみよう

以前、スライドレール式の丸鋸ガイドを自作しました。

木材を、直角あるいは45度の角度で正確にカットすることができ、同じ寸法で量産するときは特に威力を発揮します。

ただ、角材は大丈夫ですが、パイプのような丸い材料は想定していません。

最近、イレクターパイプで工作することが何度かあり、パイプのカットに使おうとしたのですが、固定が不安定になるので、パイプカッターで切りました。
手動ですから、数本切るのも結構大変ですね。

これからは、電動丸鋸でカットしたいもんだ

というわけで、この丸鋸ガイドに、イレクターパイプをカットする機能を追加しました。

スポンサーリンク

イレクターパイプ専用アタッチメント


電動丸鋸でパイプをカットする場合、手で押さえるのは不安定で、跳ねたりすると危険です。
クランプで固定しようにも、丸いパイプが相手ではうまくいきません。
ガイドの台にガッチリ固定できる、イレクターパイプ専用のアタッチメントを作ることにしました。

小さなパーツの自作は3Dプリントが便利。
アタッチメントの取り付け位置や形状を考え、作ってみました。

出来上がったイレクターパイプ用アタッチメント。


6mmの鬼目ナットを埋め込んだ丸鋸ガイドの台に、ノブボルトで固定します。
ノブボルトは、45度カット用のフェンスを固定していたものです。

アタッチメントは、前面のフェンスとボルト1本で、がっちり固定。

パイプを穴に通し、カットの位置に合わせればセット完了。

スポンサーリンク

切粉飛散防止カバー

金属パイプは、ゆっくり切らないと、丸鋸が跳ねたりして危険です。

回転の遅い充電式丸鋸ですが、ゆっくりを心掛けてスライドすれば、安全、確実にカットできます。

ところで、初めてイレクターパイプを丸鋸で切ったとき、ちょっと困ったことが‥

木材の切りくずとは違い、金属の切粉は顔や頭にまで飛んで来るのです。

防護メガネというよりは、そもそも飛散しない方がいいので、画像にあるような切粉飛散防止カバーを取り付けることにしました。
本体は、100均で見つけたディスプレイ用の透明プラスチック。

丸鋸のベースに取り付けるステーを3Dプリントで作り、底面にネオジム磁石を埋め込みました。
金属のベースには簡単に着脱できます。

このカバーのおかげで、切粉は飛散せず下に落ちるだけになりました。

カットしたパイプの切り口、バリはほとんどありません。

手動のパイプカッターだとバリが出ますし、パイプの樹脂被膜にローラーの跡がつくのですが、電ノコならきれいですね。

因みに、使った丸鋸チップソーは、山真 オールマイティー ZERO

鉄・木・塩ビ・アルミなど、いろいろな材料が切れるので重宝しています。

樹脂でコーティングされたイレクターパイプは、そもそもが金属製ですから、多数カットするのは大変でした。
これからは電動でらくらくカットできるので、アイデアを思いついたら、即、実行。
「作業は道具」、イレクターを使ったDIYが楽しくなりますね。