DIYでテレビドアホン【インターホンじゃないよ】

「DIYでテレビドアホン【インターホンじゃないよ」のアイキャッチ画像 お家で電気工事

前のページでは、コストパフォーマンスの良い機種選びと、意外に高価な増設子機の調達方法まで紹介しました。
いよいよ交換作業に取り掛かります。

スポンサーリンク

ちょっとした誤算

テレビドアホンはモニターを見やすい高さに取り付けたいのですが、今までのインターホンの親機は受話器タイプなので、取り付け位置は少し低い感じです。
温度計くらいの位置が、目の高さで丁度良さそうです。

親機の取付位置を変えるとなると、壁に新たな穴を開け、古い穴をうまく隠さなくてはいけません。

交換する前の古いインターホン親機

古い親機の取り付け部を確認してみると、壁の穴は一般的な2個口のコンセントやスイッチと同じ大きさに開けてありました。

インターホンの配線

電気のケーブルが壁裏にあるので、単なる目隠しじゃなくて、コンセント増設という形にしたらいいかも。
見た目もきれいだし、少し便利になるし‥

ホームセンターに行って、必要な電材を揃えました。
全部で450円程度。
特殊なものでなく、ありふれた電材は意外と安いですね。

二個口コンセントの材料

と、ここまでは順調にプランができあがっていったのですが‥‥

モニターの高さを決めるために奥さんに意見を聞いたところ、思わぬクレームが。

その高さはダメよー、もう少し下にしないと見えないんだから‥‥」

実は、遠近両用メカネだと、真正面より下の方が見やすいというのです。
5インチ以上の画面ならいいんですが、3.5インチなので、なるほどそうかも。
老眼とはやっかいなものですね‥

結局、元の位置のままで、親機を取り替えることにしました。
まあ、壁に穴を開ける手間が省けていいんですが、コンセントの材料が無駄になったのはちょっと誤算‥、いつか別の場所で使うとしましょう。

スポンサーリンク

親機も子機も 取り換え簡単、楽しいDIY

まずは新しい親機から。

電源の接続方式は、「電源コード式」と「電源直結式」の2種類があります。
製品の型番の最後の方に「X」が付されているのが直結式のようです。

購入したのは電源コード式ですが、元々は直結式で、端子に電源コードを繋いで電源コード式にしたものです。
電源コード式のまま使用するなら一般の家電製品と同じですが、コードを抜いて直結式にすると壁裏のケーブルに繋ぐことになるので、その作業には電気工事士の資格が必要です。

私は第二種電気工事士の資格を持っているので、直結式にして取り付けることにします。

テレビドアホン(コード式)の背面

まずは電源コードの取り外し。
テープで留めてある取付金具をのけて、コード押えのパーツを外します。

コード式テレビドアホンのコード取り外し

ドライバーの先でロック解除ボタンを押して‥

コード式テレビドアホンのコード取り外し2

電源コード側の棒端子を抜くと、ケーブルの芯線を差し込む直結式になります。

コード式テレビドアホンのコード取り外し方法

   

作業の前には必ずブレーカーを落とし、通電していないことを確認します。

これは古い親機の電源接続部分。

インターホン親機からの電源ケーブル接続状態

ロック解除の穴にドライバーの先を差し込み、単線を抜きます。

インターホン親機からの電源ケーブル取り外し方法

門と玄関にある子機への配線ケーブル。
子機は2線式なのに、なぜか4線のケーブル。青と白の2本だけ使います。

テレビドアホンの配線ケーブル

新しい親機に配線を接続したところ。
黒の単線が短かすぎて少し延長する必要があったので、黒線を差込コネクタで接続し直しています。
天井から下がってきたケーブルが床に近いところのコンセントに接続されており、そのケーブルの途中を分岐して親機につなげているので、分岐点は3本用のコネクタになります。

テレビドアホン親機への配線接続

壁面の金具は、新しい親機に付属していたものと取り換えています。
親機は金具に引っかけるようにして取り付けます。
こんな感じ。

テレビドアホン親機の壁への取り付け状態

次は玄関子機、まずは門の方から。
古い子機は4本のネジで取り付けてありました。
新しい子機は2本で留めるようになっているけど大丈夫かな‥

取り外す前の玄関子機

外してみたら、ネジ穴は上下とも3つあいていて、真ん中のネジ穴が利用できそうです。位置もピッタリのようです。
パナソニックの子機用の金具は共通なんでしょうね。

玄関子機の取り外し
玄関子機の取付金具

露出ケースの取り付け。

玄関子機の露出ケースの取り付け状態

親機からの配線を接続。

玄関子機への配線接続

本体を露出ケースに取り付け。

玄関子機の門への取り付け

前面パネルを取り付けて終了。
新しくて、きれいだなー‥

テレビドアホン玄関子機の取付完了の状態

続いて玄関の子機。

古いインターホン子機

古い子機を外して、新しい子機の露出ケースを取り付けたところ。

玄関子機の露出ケースの取り付け状態(玄関脇)
玄関子機の取り付け状態(玄関脇)

子機と玄関ドアの位置関係はこんな感じです。
このままだと玄関前に立った人が、モニター画面の端の方に映ってしまいますね。
この玄関子機(VL-V522L-S)のカメラは広角ではありませんが、ある程度、向きが調節できるようになっています。

玄関子機の取り付け状態(玄関脇の遠景)

これはVL-V522L-Sの裏側です。
グリーンの調節レバーを動かせば、左・右・上方向に各15度づづカメラ角度が変えられるようになっています。

玄関子機(VL-V522L-S)の背面のレンズ角度調整レバー

これが正面の向きで‥

玄関子機(VL-V522L-S)のカメラ部分のアップ

これは最大限、右に向けたところ。

玄関子機(VL-V522L-S)のカメラ部分の角度を変えた状態

これでも玄関前の人をモニターに十分映せるのですが、カメラ部分だけが斜めを向いているので、訪問者は気づかず、無理して子機の前に立とうとするかもしれません。

ならばいっそのこと、子機本体の向きを変えてしまおうと、カメラ角度調整台(VL-1302A)を使うことにしました。
これなら左右各30度、向きを変えて取り付けることができます。

玄関子機用のカメラ角度調整台(VL-1302A)
カメラ角度調整台(VL-1302A)

元の露出ケースと取り換えて…

カメラ角度調整台(VL-1302A)を取り付けた状態

こんな感じ。

カメラ角度調整台(VL-1302A)を使用して取り付けた玄関子機(VL-V522L-S)

ドアの取っ手辺りに立つ人にピッタリの向きになりました。
レンズは少し上方向に向けています。

カメラ角度調整台(VL-1302A)を使用して玄関子機(VL-V522L-S)を取り付けた状態

これで古いインターホンを、今どきのテレビドアホンに取り替え完了!

モニターボタンを押せば、門の外の様子が見えたりします。

テレビドアホンのモニター機能

ワイヤレスモニターは、パナソニックのコードレス電話の増設子機としても使えます。同じメーカーだからでしょうね。

テレビドアホンワイヤレス子機

早くお客さんが来ないかなー

ぴんぽ~ん ♪

テレビドアホンに写った来客の姿

どちら様ですかぁ‥
「‥‥‥」
(なんか、怪しいヤツ‥ )
どうぞお引き取りくださ~い!

モニターがあると、こんなこともできるなー